2006年10月15日

『300』予告編

『300』予告編公開。

かなーり厳つい感じですな。劇画調。予告を見る限り、絵面はフランク・ミラーの『300』に限りなく近い、ような気がします。
…頑張ってるやん、ジェリー。歯がすげーよね、歯。

んー、でも、ペルシャからの使者を蹴落とすシーン、原作と比べるとちょっと演出過剰、かな、って思いました。
原作のレオニダスって、もっと淡々としてるんですよ、全ての彼の行動は、既に考慮し尽くされていて、彼自身の敷いたシナリオから外れることは無く、激するところが無い、という人物として描かれてるんですよね。こう、サムライ、とでも言えそうなイメージ。
それからすると、映画のレオニダスは、かなり演出過剰っぽい、かも。まあ、映画だし、盛り上がらないと、ってのもあるし…まぁ、ジェリーだしな(笑)
【関連する記事】
posted by GTO FEHQ 代表 at 12:12| Comment(1) | TrackBack(0) | +300 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フランク・ミラーの『300』そのまんまですね(笑)なにもこんなに忠実に再現せんでも、っていうくらいの完成度ですね、少なくともビジュアルは。

ジェリー、いいんじゃないですかぁ〜?
全然期待してなかったけど、これはなかなかよさそうよ〜。ちゃんと老けてるしさ(笑)、ヨメ役の衣装とか風情がちょっと気に入らないけどさ(笑)。うん、いいと思う〜。
Posted by GTO FEHQ 会長 at 2006年10月17日 11:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。