2006年11月07日

ジェラルド・バトラーのストリップでヒラリー・スワンクがケガ

■シネマトゥデイ
ジェラルド・バトラーのストリップでヒラリー・スワンクがケガ
新作映画『P.S.アイ・ラブ・ユー』(原題)の撮影中にヒラリー・スワンクがケガをし、病院に運ばれる騒ぎがあった。関係者がピープル誌に語ったところによると、ジェラルド・バトラーがスワンクの前でストリップをするシーンでサスペンダーが外れず、バトラーが思いっきり引っ張ったところ、スワンクのおでこに金具が当たってしまったという。スワンクは病院に行き、額を縫う処置を受けたらしい。本人はいたって元気で、月曜日には撮影が再開されたとのこと。

添付された写真のコメントがあまりにもジェリーらし過ぎて笑えた。コメント書いた人は良く判ってらっしゃる(笑)
しっかしまあそんな松竹新喜劇みたいなネタが実際に起こるとは。流石グラスヴェジアン、生まれついてのコメディアンだな(違)
でも、女優さんの顔を傷つけてしまって、大丈夫なんだろうか…と、ふと心配になってみたりする…
posted by GTO FEHQ 代表 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ARTICLES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。